事業内容のご紹介

  •  専門医療相談
    ご本人・ご家族・関係機関からの医療や介護・福祉に関するご相談に、専任の相談員(精神保健福祉士等)が応じます。ご相談は、電話や面談(予約優先)にて無料でお受けします。

  •  鑑別診断とそれに基づく初期対応 (予約制・保険診療)
    専門医または担当医が、診察と知能・画像検査などを基に鑑別診断を行い、今後の治療方針についてご説明します。状況により、介護サービスの提案や他の医療機関のご紹介も行います。

  •  周辺症状や身体合併症に対する急性期対応
    認知症の方で、周辺症状(幻覚・妄想・徘徊等)や身体合併症の急性期治療を必要とする場合の対応(入院治療含む)を行います。状況により協力病院をご紹介します。

  •  関係機関との連携、研修会の開催
    ご本人・ご家族が、保健・医療・介護・福祉の様々なサービスを適切に利用できるよう情報提供するとともに、関係機関との連絡・調整を行います。また認知症についての知識を深めるため、研修会や事例検討会を開催します。

認知症は、早期発見・早期診断・早期治療がとても重要です。 原因疾患によっては、治るものや、進行を遅らせることができるものもあります。

初期の段階で適切なケアに結びつくことにより、ご本人の“できること”をより長く保つことができます。


「最近もの忘れが多くなった」「急に怒りっぽくなった」「これまで出来ていた仕事や家事ができなくなった」「もしかして認知症のはじまり?」など、認知症に関する悩みや心配事がありましたら、福岡市認知症疾患医療センターにご相談ください。


九州大学病院
お問い合わせ
福岡大学病院
お問い合わせ